2021.02.16ブログ
乗務員研修2月

乗務員研修2月の投稿画像01

2月の乗務員研修 今月は

『安全講座11 安全上の向上を図るための装置を備えるバスの適切な運転方法』

1 運転支援装置に関わる事故の事例

2 運転支援装置の性能及び留意点

バスに標準的に装備されている先進安全技術を用いた運転支援装置には、追突被害軽減ブレーキ・車両姿勢制御システム・車線逸脱警報・追従型クルーズ・コントロールなどがあります。

 実際にあった事例として、大型トラックがクルーズ・コントロール装置を利用して高速道路を走行中に、運転者が自分の荷物を取るために後方へ脇見運転の状況となり、渋滞の最後尾5台を巻き込む事故を起こし、追突された乗用車のうち1人が死亡。2名が重症、7名が軽傷の事故がおこっています。

この場合、運転者がクルーズ・コントロール装置を自動ブレーキのようなものと誤解していたため、安易にわき見運転をしてしまったものと考えられます。

当社のバスにもこのような装置がついたバスが数台ございますが、運転手には、装置はあくまで事故や危険を「軽減・支援」させるものであり、システムを過信するのではなく、運転の主役はドライバーであることを忘れてはならぬよう指導いたしました。

 

 とうとう!日本に新型コロナウィルスへのワクチンが上陸しました。緊急事態宣言が出てから、東京の感染者数も10日連続で3ケタを下回り、岡山県内の感染者数本日は2名だとか( ゚Д゚)スゴイ!

今朝のニュースで、イスラエルは新型コロナウィルスの米ファイザー製ワクチンについて、発症を94%防ぐ効果があるとする研究結果を発表。接種済みと未接種の60万人ずつに実施されたとして、ファイザー社のワクチンが大人数の接種でも、臨床試験(治験)と同様の効果を示されたとしている。とありました。

このニュースでの朝の私たち夫婦の会話・・・

私「なーなー、もしうちらにワクチン接種の機会があったら打つ?」

旦那「こえーよなー、でもどうしようかなー、打つかなあー、副作用って人それぞれだからなー、悩むよなー、まっ、俺らに回ってくるのは当分先じゃ」

私「そりゃそうだ。でも私喘息あるしなー。」

とりあえず今はまだ怖い・・・(+_+)チーン

医療従事者は任意とはいえ、周りが受けるから逆らえないなど、もうすでに選択を迫られている状況だそう、、

 どこのワクチンでもいーから、どうか、どうか日本でも効果がありますよーに(>∧<)オネガイ!!